近所に外食

歩いて数十歩のところに口コミで広がったご当地グルメの有名店がある。休みの日は行列ができており、「家が近いって便利だねぇ」と良く夫と話している。
久しぶりにそこのごはんが食べたいから行こう、という話になった。ちょうどお休みの日なので混むかな〜と思い開店時間早々に向かった。「混んでたら帰ってくればいいよね」と鍵を閉めながら、部屋着に毛が生えたような格好で向かってしまった。外出する時にはきちんとオシャレを!という意識は薄れつつある最近、自分にだめ出し。
無事に席に通してもらい、そのお店の看板メニューを食べる。とても量が多いのでおなかはパンパンだ。食べ終わり外へ出る。早い時間にお店に入ったので、ちょうど夕暮れ時で良い風も吹いてる。
「少し腹ごなしでぐるっと1周してくるか」ということで、涼しい風が吹く夕焼け色の空の下をお散歩。なんかいいねぇーこういう雰囲気…と穏やかな気分になった。
田舎の夕暮れ時の1コマを体験した気分になったひと時でした。